Archive

Archive for 6月, 2016

デトックス効果あり?ファスティングの解説

6月 6th, 2016

内臓を休ませたり、効率的に脂肪燃焼ができる、デトックス効果があるとして人気となっているのがファスティングダイエットです。
ファスティングとは断食のことをいい、身体に負担のかかる方法ですので行なう前後にしっかり準備しておくことが大切です。
お菓子やジュースなどを普段食べ過ぎている場合、急に断食することによって低血糖症や副腎疲労などを引き起こしてしまう可能性があるため注意が必要です。

ファスティング中には有害物質をデトックスするため腎臓や肝臓に負担がかかります。デトックスする時の疲労と副腎疲労が合わさると背中が晴れてしまい、疲れや腰痛を起こしてしまうケースもあります。
これらを予防するためにも、砂糖を多く摂っている人は準備として1週間ほど砂糖やお菓子、パン、うどんなど糖質になりやすい炭水化物を控えて、なるべくGI値の低い食べ物を摂取して血糖値を安定させていきます。
どうしても糖分がとりたい場合にはGI値が低く、ビタミンやミネラルを補うことのできるフルーツやドライフルーツなどを食べることをおすすめします。

開始2日前からは肉や魚、卵などの動物性タンパク質を控えて消化に負担がかからないようにしていきます。開始前日に動物性タンパク質を食べてしまうと翌日になっても消化に酵素を使われてしまい身体が断食に慣れてない状態になってしまいます。また、油分を多く摂ってしまうと血中脂質が多くなってしまい思ったよりも減量できない状態になるため注意が必要となります。
ファスティングは身体に負担のかかるため行なう期間は1〜3日以上行なわないようにします。

やり終わった後はリバウンドしないように、普段の食事までに戻す期間が重要です。回復期には消化器官に負担をかけないように消化に良いものから始めます。固形物ではなくお粥やスープなどの消化しやすい薄味のものから食べ始めます。
満腹まで食べないようにしながら行なった期間と同じか倍の時間をかけて徐々に普通の食事に戻していきます。

未分類