Home > 未分類 > 毎年ある娘のピアノ発表会はとても疲れます。

毎年ある娘のピアノ発表会はとても疲れます。

4月 12th, 2014

私も小さい時にピアノを習っていました。
でも、とても厳しい先生で、練習しないと怒られる、
練習したとしてもなかなか丸をつけてくれない先生でした。
モチベーションが上がることなく、中学1年生で辞めました。
やはりピアノは楽しくないと続かないと思います。

娘たちも幼稚園の時からピアノを習い始めました。
ラッキーなことに娘たちの先生は、
ピアノは楽しくなくちゃがモットーで、
あまり怒られることがありません。
基礎にこだわる先生が多い中、娘の先生はやりたい曲を優先し、
基礎にはさほどこだわっていないようです。

本格的にピアノをやりたい、音楽学校に進みたいなどの子どもには
合っていないせんせいかもしれませんが、
うちの娘のように、ちょっとピアノができるようになればいいくらいの子には
もってこいの先生だと思います。

毎年発表会があるのですが、かなり背伸びした曲でも、
本人が弾きたければオッケーがでます。
でも、そういう曲を選ぶと親が大変なんです。
やはり本番に失敗をさせたくないので、
練習しろと口やかましく言わなくてはいけなくなります。
これがとても疲れるのです。

でも数ヶ月の間、背伸びした曲を頑張るせいか、
発表会後には結構上手になっているような気がします。
小学校5年の上の子はもうすっかり私を追い抜いてしまいました。

先生に習っている他のお子さんたちのピアノも
発表会で聴くと皆さんかなり上手でびっくりしてしまいます。
やはり、楽しくピアノを習うって大切なのだなと思います。
私も小さい頃にこういう先生に出会っていれば、
もっとピアノが好きに、そしてもっと上達していたような気がします。
残念だなと思ってしまいます。

今年の発表会、上の子はショパンのワルツを弾きます。
かなり難しいので、毎日必死に練習しています。
もう、私が教えられるレベルでないので、
なかなか練習に協力はできません。
自分の力で頑張って欲しいなと思っています。

発表会当日は、祖父母や友達を招待します。
これがまた、色々と気を使わなくてはいけないので、
とても疲れるのです。
最後まで弾ききることができるかなと、緊張もしてしまいますし、
終わった後はぐったりして、何もできなくなります。
でも、祖父母に褒められ、お小遣いをもらえ、夜にはご馳走を食べさせてもらえ、
子どもにはとても幸せな一日のようです。

今年も発表会が近づいてきました。
そろそろ可愛い衣装を買いに行かなくてはと思っています。
気合を入れて頑張ろうと思っています。

☆ピアノ関連ブックマーク

オンラインでピアノが弾けるサービス: eピアノ
ピティナ・ピアノホームページ

未分類

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.